FC2ブログ
真のノルドは子孫を増やす練習をする HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> Skyrim SexLab プレイ日記 > Skyrim SexLab冒険録 其の24 「ああっメリディアさまっ!」










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Skyrim SexLab冒険録 其の24 「ああっメリディアさまっ!」

72850_2014-01-28_00179.jpg

空高く浮かび上がり
崇高なるメリディア様のお声を頂戴いたします。

ああっメリディアさまっ!







72850_2014-01-28_00181.jpg

マルコランという魔術師がメリディア様の聖堂を乗っ取り
死霊術で聖堂を穢しているそうです。

通路は閉鎖されていますが偉大なメリディア様が道を標して下さります。

メリディア様の指示とあらば従うしかありませんね。


メリディア様の為にマルコランを浄化させに行きます。
72850_2014-01-28_00182.jpg

「メリディア様の為に!」

さっそくマルコランの犠牲者の死体がありますね。
72850_2014-01-28_00183.jpg

この台座がメリディア様のお力で道を標して下さります。
72850_2014-01-28_00185.jpg

ポチッとな

光が道を標し扉が開きます。
72850_2014-01-28_00186.jpg

穢れた魂が彷徨っています。
72850_2014-01-28_00187.jpg

浄化させてあげましょう。
72850_2014-01-28_00188.jpg

一旦外に出て、上の階へ進みます。
72850_2014-01-28_00190.jpg
72850_2014-01-28_00191.jpg


頭に矢が刺さっています・・・
72850_2014-01-28_00194.jpg

「お前か?ファルカス!!」
72850_2014-01-28_00195.jpg

「・・・・」

ファルカスも弓を使うので犯人不明

・・・

気を取り直して進みます。
72850_2014-01-28_00196.jpg

最後の扉
72850_2014-01-28_00197.jpg

いよいよマルコランとご対面

「見ていて下さい!メリディア様!!」

マルコラン
72850_2014-01-28_00199.jpg
72850_2014-01-28_00198.jpg
72850_2014-01-28_00200.jpg

まずボウガンでマルコランを射殺する。
72850_2014-01-28_00201.jpg

これで終わったと思ったら
悪霊になって復活!

ゆっくり浄化させてやりましょうかね。

*ファスカスは女性の敵が居ないので犯すことが出来ずがっかりして薄くなってしまいました。


乱戦
72850_2014-01-28_00202.jpg

生身のマルコランより悪霊の方が強かった・・・
しかし、幽霊ではRuna一行の敵ではありません。


メリディア様からお褒めの言葉を賜ります。
72850_2014-01-28_00203.jpg

「台座からドーンブレイカーを取りなさい」

この神々しく輝く剣がドーンブレイカーですね。
さすがメリディア様の秘宝・・・・
美しい・・・

ドーンブレイカーを回収します。
72850_2014-01-28_00204.jpg

メリディア様の元へワープ
72850_2014-01-28_00205.jpg
72850_2014-01-28_00206.jpg
72850_2014-01-28_00207.jpg

「貴方様の名の元に剣を携えます。」

ここで宗教ならよそにあたってくれという罰当たりな人間は
メリディア様によって大変な目に会うでしょう。

ならないかもしれませんがね。


満足なされたメリディア様
72850_2014-01-28_00209.jpg

これで信者も増えることでしょう。


こうして新しい武器ドーンブレイカーを手に入れたRuna

テントを敷いて寝ます。
72850_2014-01-28_00211.jpg

・・・・

翌朝
72850_2014-01-28_00213.jpg

馬車でホワイトランへ行き、そこからイヴァルステッド、ハイフロスガーへ向かいます。

何事も無くイヴァルステッド
72850_2014-01-28_00219.jpg

疲れたので少し寝ます。

暗いですがハイフロスガーに着く頃に明るくなるでしょう。
72850_2014-01-28_00220.jpg

・・・

計算違い(*ノω・*)テヘ ハイフロスガーで寝ます。
72850_2014-01-28_00228.jpg

(^o^)ノ < おやすみー

・・・

・・



夜這いされます・・・
72850_2014-01-28_00229.jpg

更にもう一回・・・
72850_2014-01-28_00230.jpg


睡眠を邪魔されて困ったRuna
72850_2014-01-29_00001.jpg

ハイフロスガーは安全じゃありませんね。

ほとんど睡眠が取れませんでしたが
性欲はしっかり解消されています。

アーンゲールに夜這いされた事を報告しますが・・・相手にしてくれません
'`,、('∀`) '`,、と笑うだけでした。

ついでにドラゴンレンドの事を聞きます。
72850_2014-01-29_00002.jpg

どうやらブレイズの事が嫌いのようです。
Runaもブレイズの色狂いを見せられあまりいい気分ではありませんが
取り敢えず協力してくれているので付かず離れずでブレイズと付き合っていると説得

教団の主、パーサーナックスへの道を開けるシャウトを教えてくれるそうです。
72850_2014-01-29_00009.jpg

どんな人なんでしょうね?
ご挨拶に一発とイキたいとこですが恥ずかしいので断念。


あの吹雪を通り抜けるためのシャウトですね。
72850_2014-01-29_00010.jpg


72850_2014-01-29_00011.jpg
72850_2014-01-29_00012.jpg

シャウト”晴天の空”をゲット

早速、道を開きます。
72850_2014-01-29_00014.jpg

曇り空が晴れました。素晴らしい!
72850_2014-01-29_00016.jpg

天気が悪い時に叫べば最高ですな。

邪魔する吹雪は消し去ります。
72850_2014-01-29_00019.jpg
72850_2014-01-29_00020.jpg

そして頂上に着きましたが誰も住んでいる様子がありません・・・

教団の主とは一体・・・・

そんなことを思っているとドラゴンの叫び声が・・・

72850_2014-01-29_00021.jpg
72850_2014-01-29_00022.jpg

降り立つドラゴン
72850_2014-01-29_00023.jpg

敵対の気配を感じなかったのでRunaはのんきにしゃがんでいます。

このドラゴンがパーサーナックスの様です。
72850_2014-01-29_00024.jpg

まさか教団の主がドラゴンだとは思わなかったRuna
でもあまり気にしません。

「ドラゴンレンドを教えて欲しい」
72850_2014-01-29_00026.jpg

まずは、ドラゴン達の長年の伝統より年長者から話が始まるそうです。
まず直々にシャウトを教えてくれます。
72850_2014-01-29_00028.jpg
72850_2014-01-29_00029.jpg

そのシャウトを喰らわせろと言うので喰らわせます。
72850_2014-01-29_00031.jpg

何か喜んでます・・・マゾか?
72850_2014-01-29_00032.jpg

そして、質問を受けます。
72850_2014-01-29_00033.jpg

「この世界が好きだ。滅んで欲しくない。」

世界が滅んだら大好きな性交が出来なくなります。
アルドゥインを倒して皆が笑って性交できる世の中になればいいと今思いついたRuna

72850_2014-01-29_00034.jpg
72850_2014-01-29_00035.jpg

ドラゴンレンドはパーサーナックスもわからないそうです。
ただ、星霜の書を読んで古代ノルド人からシャウトを学ぶという裏技を教えてくれます。
但し、星霜の書は普通に読むと失明するので
この場所で読むしかないそうです。
ただ、星霜の書の在処は知らないから自分で探せと
まあ、アーンゲールなら在処を知っているかもね。
とのこと

♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー
72850_2014-01-29_00040.jpg

アーンゲールにショートカットで会いに行きます。
72850_2014-01-29_00041.jpg
72850_2014-01-29_00042.jpg

アーンゲールに聞くと
72850_2014-01-29_00043.jpg

魔法大学なら在処を知っているかもしれないそうです。


ここからイヴァルステッドへ飛び降ります。
72850_2014-01-29_00044.jpg

時間短縮
72850_2014-01-29_00045.jpg


アルドゥインを倒すために星霜の書を探しに魔法大学へ向かうことになったRuna一行

世のため人のため自分のため頑張ります。

といったところで終了です。

関連記事

タイトルでワロタww

ハイフロスガーの治安の悪さは異常。
レイプの為に七千階段登ってきたのかと思うとむしろ頭が下がる
[ 2014/02/16 17:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルでワロタww

くの一好きさん、いらっしゃいませ!

タイトルは思いつきですww

> ハイフロスガーの治安の悪さは異常。
> レイプの為に七千階段登ってきたのかと思うとむしろ頭が下がる

目的の為なら雨にも吹雪にも七千階段にも負けない、彼等(彼女等)は大物です!
[ 2014/02/16 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tdyk542.blog.fc2.com/tb.php/120-0b6bff3b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。