FC2ブログ
真のノルドは子孫を増やす練習をする HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 帝国軍プレイ日記 > 帝国軍プレイ その5










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帝国軍プレイ その5

72850_2014-05-04_00031.jpg

変態をお供に加えてブリークフォール墓地に眠る石版を取りに来たRuna一行

途中にある山賊の監視所を攻撃しますが・・・





72850_2014-05-04_00032.jpg

「おっさん・・・今の何?」
「ハハハ!おっさんの超必殺技のファイアーブレスだ!驚いたか?」
「・・・・・」


72850_2014-05-04_00033.jpg

「危ないだろぉー!」
怒って攻撃
「サーセン」


72850_2014-05-04_00035.jpg
72850_2014-05-04_00037.jpg

でも自重しない変態
山賊を味方諸共焼きつくします。


外の山賊は全滅
72850_2014-05-04_00038.jpg

内部
72850_2014-05-04_00039.jpg

こちらに気づいていない山賊達を射殺


72850_2014-05-04_00040.jpg

「ところで変態さん、いつまでマッパなの?」
「ふむ、メタい事を言うとホワイトラン攻防戦後だな
すでにSSを撮ってあるためやり直しが面倒と誰かが言っていたな。
ボクはこのままがいいがさすがにいつもマッパは飽きたと誰かが言っていた。誰かは中の人」
「そうですか・・・・」
「残念かね?」
「ホワイトラン攻防戦までマッパを見るはめになるのかと思いまして・・・」
「そうか・・・ボクはマッパを少し自重することになり残念だがな」
「それでも少しなんですね・・・」
「( ゚∀゚ )」

と、いうことでしばらく後で変態は自重することになりました。


奥に進むと
72850_2014-05-04_00041.jpg

山賊がいた


様子をうかがっていると
72850_2014-05-04_00042.jpg

罠があると教えてくれるチュートリアルさんでした。
「お疲れ様でーす。」


パズル
72850_2014-05-04_00043.jpg

ささっとパズルを解いて先に進むと
奥から助けを呼ぶ声が聞こえます。


そこに居たの巨大クモ
72850_2014-05-04_00044.jpg

みんなで攻撃
ここで変態のファイアーブレスが炸裂し


巻き添えで蜘蛛の巣に絡まっていた人が死亡
72850_2014-05-04_00045.jpg


「ドヤッ」
72850_2014-05-04_00047.jpg

「・・・・まっいいか、こいつも盗賊だしね。」

金の爪
72850_2014-05-04_00046.jpg

「こいつがルーカンの金の爪だな。後でルーカンに返してやってくれ。」
「へーい」


奥に進む
72850_2014-05-04_00048.jpg


(#^ω^)ピキピキ
72850_2014-05-04_00049.jpg


でも自重しない変態である!
72850_2014-05-04_00050.jpg

72850_2014-05-04_00051.jpg
72850_2014-05-04_00052.jpg


罠の通路
72850_2014-05-04_00055.jpg

「おっさん、早く渡って!」
「おう!」

72850_2014-05-04_00056.jpg

引っかかる変態「ぐはぁ!(>_<)」
喜ぶRuna「m9(^Д^)プギャー」


なんだかんだで先へ進む
72850_2014-05-04_00058.jpg
72850_2014-05-04_00059.jpg
72850_2014-05-04_00060.jpg

変態ブレスで上手に焼かれなかった古代ノルドの仕掛け扉
72850_2014-05-04_00061.jpg

「見えないよ・・・」
「勘だ!己の心で当てるんだ!ボクは悪くないよ!!」


なんとか開ける
72850_2014-05-04_00062.jpg

最奥
72850_2014-05-04_00067.jpg
72850_2014-05-04_00068.jpg

「これは・・・コルバンヤンドの遺跡にもあった石壁」
「これはシャウトが刻まれた石碑だ。お嬢さんに見えるようだな。言葉が」
「(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?」
「お嬢さんが・・・そうか、なるほどな」
「どういうことですか?一体・・・・・」
「それは・・・・・うん?」

Runaの頭にシャウトの言葉が流れ込んできた時
棺が動き出しドラウグルが現れます。

72850_2014-05-04_00069.jpg

「ワカイ オナゴノ コエガ スル イッパツ ヤラセロ」


犯される前に攻撃
72850_2014-05-04_00070.jpg
72850_2014-05-04_00071.jpg

「ザンネン ムネン マタ ライシュウ」
こうして蘇ったドラウグルは二度目の眠りについたとさ


荷物をあさると
72850_2014-05-04_00072.jpg

「これがファレンガーの言っていた石版ね。」
「これでバルグルーフ首長から手紙の返事をいただけますね。隊長。」

72850_2014-05-04_00073.jpg

「これでボクの役目は終わったな。お嬢さん。」


72850_2014-05-04_00074.jpg

「さらばだ。」
こうして変態は帰っていった。自分の居場所へと・・・


72850_2014-05-04_00075.jpg

「フー、ずっと付いて来るかと思った・・・帰ってくれて助かった( ゚∀゚ )」
変態が自分から別れてくれて安堵するRuna
金の爪をルーカンに返してからファレンガーに石版を渡すことにします。


そして出口
72850_2014-05-04_00076.jpg

「お嬢さん、すまないが隠し扉を開けてくれないか?」
「・・・・」

隠し扉を開けて本当に帰ってもらいます。


リバーウッドトレーダー
72850_2014-05-04_00080.jpg

金の爪を渡します。


72850_2014-05-04_00081.jpg

「石版を渡す前にホワイトランの宿屋で一泊しましょう。」
「はい。」


ホワイトランの宿屋で一泊
72850_2014-05-05_00003.jpg

「疲れた・・・・」


翌朝、ドラゴンズリーチ
72850_2014-05-05_00004.jpg

ファレンガーに石版を渡しに行くと、お客さんと話しています。
「どっかでみた顔だが・・・まっいいか。
ファレンガー。石版を持ってきたよ。」
「おおっ!お前は他の役立たず共と違って優秀だな。礼を言う。
褒美は執政のハゲか首長に聞いてくれ。」
と、言ったきりお客と話し込むファレンガー
すると私兵のイリレスが血相を変えてやって来ます。

72850_2014-05-05_00007.jpg

近くでドラゴンが目撃されたらしいので付いて来てと言われる。
次から次へと問題が発生して、なかなかテュウス将軍の書状の返事が貰えません(>_<)


72850_2014-05-05_00011.jpg

首長がドラゴンの対策に追われているのに
空気を読まないMariaは食事中


72850_2014-05-05_00012.jpg

首長はイリレスにドラゴンの撃退を指示
そして石版を取ってきた褒美に家を買う権利をくれた・・・・
権利ですか・・・」
「何か言ったか?」
「いいえ。嬉しいな!って言っただけです。」
「そうか。ついでだ君もイリレスを助けてドラゴンを退治して欲しい。頼む。」
そこまで言われたら仕方がないので承諾します。


72850_2014-05-05_00013.jpg

「マジっすか?隊長。」と言いたげなMaria
しかも首長の目の前で・・・・大物?

72850_2014-05-05_00014.jpg

テュウス将軍の書状を届けに来たのに
何故かドラゴン撃退をすることになったRuna
トラブル続きで大変です。
しかも後ろでニヤニヤするMaria
部下にも恵まれない人ですね。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tdyk542.blog.fc2.com/tb.php/214-7c59027a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。