FC2ブログ
真のノルドは子孫を増やす練習をする HOME > D,D > Devious Devices 其の2










Devious Devices 其の2

72850_2014-06-25_00009.jpg

ドラウグルに犯され気絶した所を同胞団の人に助けてもらった私達は
再度、ドラゴンストーンを盗るために
ブリークフォール墓地に入り最深部の仕掛け扉まで来た。

パズルを解いて先へ進む





扉の向こうにはドラウグルの集団がおり
私達は膝をつき倒れ
72850_2014-06-25_00011.jpg

ドラウグルに集団レイプされるのであった
72850_2014-06-25_00012.jpg
72850_2014-06-25_00014.jpg

沢山中出ししてもらいながらようやくドラウグル達を倒した私達
後は、ボスだけなら楽勝かと思い挑んだが

返り討ちにあい
72850_2014-06-25_00018.jpg
今度はボスドラウグルのおもちゃにされるのであった・・・・

ドクドクと子宮にドラウグルの精液が流し込まれた事で私はイッてしまった。
このドラウグルは人間を飼う趣味は無いようで私を殺しに掛かってきたが
レイプされたが簡単に殺される私では無い

魔法は得意ではないがMarieに少し教えてもらっていた炎魔法で撃退
武器を奪われても抵抗する手段として教えてもらっといて正解だった。
72850_2014-06-25_00020.jpg
ドラゴンストーン回収
これでファレンガーZの依頼を達成した・・・帰ろう

そういえばこのドラウグルのいた所にあった石壁は何だったのだろうか?
何か聞こえた気がするが何も変化がない・・・気のせいか

ホワイトランへの帰り道
ルーカンに金の爪を返しにリバーウッドへ着くと配達人が来てまた手紙をもらった
72850_2014-06-25_00022.jpg
変わったものの広告だった・・・
キャプチャードリームという店だが拘束具を販売するだけでなく配達人も募集しているらしい。
ただし、配達人は品物を持ち逃げされないよう拘束具を付けられるそうだ。
(これはDevious Devices - Captured Dreams Shopのクエスト)
リバーウッドトレーダー
72850_2014-06-25_00023.jpg
金の爪をルーカンに渡す。
感謝したルーカンは私にお礼としてお金をくれた。
そういえばこのリバーウッドトレーダーにハゲた変態がいるが気にしないでおこう


ドラゴンズリーチ
72850_2014-06-25_00024.jpg
ファレンガーZにドラゴンストーンを渡す。
そうすると都合よくイリレスがやって来て西の監視塔がドラゴンの襲撃を受けたと言っている。
私も首長の所まで一緒に来てと言われれついて行くことになった。
そういえばファレンガーZと一緒にいたBBA・・・リバーウッドの宿屋の主人と似てたがなんだろう?
まさか・・・ファレンガーZの愛人か?

イリレス達と首長の元に行き西の監視塔の状況を聞いた。
ドラゴンは西の監視塔を攻撃し破壊したようだ。
首長は直ちにイリレスにドラゴン退治を指示
事態は切迫しているようで私にもドラゴン退治に参加して欲しいと首長直々に頼まれた。
報酬としてホワイトランで家を買う権利と従士になれるという内容だった。
でも拒否権は無いらしい。

急いで西の監視塔に向かうことになった私達

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛


西の監視塔
72850_2014-06-25_00028.jpg
西の監視塔に着くと獲物を待ち構えていたドラゴンが襲ってきた。

72850_2014-06-25_00029.jpg
みんなで協力してドラゴンを攻撃
バシュッ! ザシュッ! と私達は斬りつけ斬り裂きドラゴンにダメージを与える
衛兵やイリレスは弓で援護してくれる。
瀕死になったドラゴンに私は止めの一撃を食らわれる。
「ドヴァーキンやめろー!」とドラゴンが断末魔の叫びを上げて死んだ。
ドヴァーキン?何のことだ?分からない・・・

考えているとドラゴンの死体が・・・
72850_2014-06-25_00030.jpg
ドラゴンの死体の肉が燃え盛り塵になっていく・・・
そしてオーラの様な物を私は吸収した・・・・何故だ!

このよう様子を見ていた衛兵の一人が駆け寄ってきて
私に対して{お前は・・・ドラゴンボーンだ!」と言い出す。
この衛兵はドラゴンボーンの伝説に少し詳しいようだ
私に「お前がドラゴンボーンなら叫べるはずだ」と言う
急に叫べと言われても・・・何て叫べばいいか迷っていると
ブリークフォール墓地の石壁の言葉が頭に浮かび叫んでみた。
「Fus」
この言葉により「衛兵たちがドラゴンボーンだ!」と騒ぎ出した。
私がドラゴンボーン・・・

ドヤッ
72850_2014-06-25_00031.jpg
よくわからないがすごい能力が私に隠されていた様だ。
ドラゴンボーンは唯一ドラゴンを殺せる存在みたいだ。
私は昔の伝承にあまり興味が無いので知らなかったが

まあ、ドラゴンを退治したので首長に報告に戻ろう

ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

ドラゴンズリーチ
72850_2014-06-25_00032.jpg
首長に報告
私がドラゴンボーンだと知って驚いていたが
ドラゴンボーンならハイフロスガーへ行ってグレイビアードに会い
声の力を鍛えた方がいいと薦められる。
そして、西の監視塔を攻撃したドラゴンを倒した功績により私はホワイトランの従士に任命された。
だが残念な事に家を買うお金が無かった・・・(>_<)

リディア
72850_2014-06-25_00033.jpg
私の従者らしいが仲間に困っていないので待機
ドラゴンズリーチでパンでも食べていてもらおう。

この後はハイフロスガーに行く予定だが暫らく家を空けるのでMarieに一言断っていこう。


自宅
72850_2014-06-25_00026.jpg
Home Of The Heroes by Dustierapple
http://skyrim.2game.info/detail.php?id=45370
ホワイトランの近くに家を追加


Marie
72850_2014-06-25_00036.jpg
暫らくの間留守番を頼んだ


さて、Marieに留守番を頼んだことだしさっさとハイフロスガーへ向かう
「私の出番はこれだけ?」と言われたが聞こえないふりをして家を出た。


ハイフロスガーへ移動中

72850_2014-06-25_00043.jpg
72850_2014-06-25_00044.jpg
途中に出会った山賊共を蹴散らし

とうとうハイフロスガーに到着
72850_2014-06-25_00046.jpg


72850_2014-06-25_00047.jpg
グレイビアードの爺さんズから言葉の力「シャウト」を教えて貰う。
どうやら教えたくてウズウズしていた様だ。
まだ教えることがあるから中庭までついて来いと言われた。
断る理由も無いね。


72850_2014-06-25_00048.jpg
中庭に移動するRuna達を見る男がいる


謎の変態ハゲ
72850_2014-06-25_00049.jpg
「あれが新しいドラゴンボーンか・・・・面白い」

こんな男が見つめていた事を知らないRuna達

中庭で新しいシャウトを教えてもらった私
シャウト「旋風の疾走」の覚えた。
そして、マスターアーンゲールにウステングラブからユルゲン・ウィンドコーラーの角笛を回収してくるように言われた。
これはグレイビアードから与えられた試練、持ち帰れば新しいシャウトを教えてもらえる。
「面倒だが仕方がないか・・・」と心の中で私は思った

イヴァルステッドに戻た私達を待ち構えていたのは・・・

カルト教団の信者
72850_2014-06-25_00050.jpg
72850_2014-06-25_00051.jpg
私がドラゴンボーンだと認めんと行って襲いかかって来たので返り討ち
何時の世も宗教狂いは厄介です。
宗教で認められた事なら何をしても良いと思っているので迷惑千万
手紙を持っていたがろくでもない事が書いてありそうなので無視
ホワイトランに戻ろう

ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ


ホワイトラン外
72850_2014-06-25_00052.jpg
自宅に戻るとMarieが真っ赤な顔で
「私も連れていかないと絶交する!」と脅されたので
Marieも連れてウステングラブに行くことになった。


関連記事
[ 2014/06/26 18:51 ] Skyrim SexLab D,D | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tdyk542.blog.fc2.com/tb.php/278-7c005f64