FC2ブログ
真のノルドは子孫を増やす練習をする HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> プレイ日記 > プレイ日記 其の15 ハイフロスガーへ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレイ日記 其の15 ハイフロスガーへ

72850_2014-07-14_00124.jpg

内戦が終わり、軍を辞めたRunaとMarie
ハイフロスガーへ向かう前にカイネスグローブの宿屋で親睦を深めます。





72850_2014-07-14_00123.jpg
割れ目を舐めて貰ったり

72850_2014-07-14_00127.jpg
パンッパンッと突かれたりして親睦を深める

72850_2014-07-14_00128.jpg
久々のSEXで性欲が解消されます。
溜まった欲望を吐き出して、眠りにつきます。

・・・

72850_2014-07-14_00130.jpg
翌朝、普段着に着替えてハイフロスガーへ向かいます。

72850_2014-07-14_00132.jpg
歩いて行きますか

72850_2014-07-14_00134.jpg
ウィンドヘルムに寄ってみると
人影が見えます。

72850_2014-07-14_00135.jpg
「あっ、アレは・・・・」
どう見てもおっさんですね。

72850_2014-07-14_00136.jpg
「おっさん、今までウィンドヘルムにいたの?」
「ふん、ふん。朝まで飲みっぱなしさ。彼等は酔いつぶれて死んでるがな。」
おっさんは酒に強いようです。
「これからハイフロスガーへ行くのかい?」
「うん。」
「そうか・・・・気をつけてな」
おっさんは付いて来ないようです。


72850_2014-07-14_00137.jpg
また暗殺者がきました。
「(゚Д゚)ウゼェェェ」

72850_2014-07-14_00138.jpg
歩きます。

72850_2014-07-14_00139.jpg
ちょっと川で水浴び

72850_2014-07-14_00140.jpg
景色を眺めながら向かう

72850_2014-07-14_00141.jpg
この山道を登ればイヴァルステッドにつきます。

72850_2014-07-14_00142.jpg
イヴァルステッドまでもう少しですね。

72850_2014-07-14_00143.jpg
大きな猫や

72850_2014-07-14_00144.jpg
トロールを退治しておきます。
人里離れた所は野生の獣が多くて大変です。


72850_2014-07-14_00147.jpg
イヴァルステッド
何もない田舎ですな。
ここに配属された帝国兵は暇ですね。
その割には野生動物が周辺に生息してるので対処するのも大変

72850_2014-07-14_00148.jpg
七千階段へ続くイヴァルステッドの橋
クリメクという村人がハイフロスガーへ行くのがしんどいから
代わりに荷物を届けてくれないかと頼まれる。
「ついでなのでいいですよ。」
「ありがたい。荷物を届けたら、わしの所に寄ってくれお礼をするよ。」


72850_2014-07-14_00149.jpg
橋を渡ると
対岸でクマとトロールが喧嘩してます。
クリメクさん達は話に夢中で気が付かないようです。
彼等に遅いかかる前に対処しておきましょう。

72850_2014-07-14_00150.jpg
クマはトロールの一物を咥えたまま死亡
クマのフェラチオなんて恐ろしいですね。


72850_2014-07-14_00153.jpg
七千階段から見下ろすイヴァルステッド

72850_2014-07-14_00154.jpg
72850_2014-07-14_00156.jpg
野生動物を撃退
ハイフロスガーに行くだけでも一般人は命がけですな。
クリメクさんは今までよく無事に荷物を届けていましたね。
( ゚д゚)ハッ!モハビから来た元運び屋か?

72850_2014-07-14_00157.jpg
景色を眺める

72850_2014-07-14_00158.jpg
ハイフロスガーが見えてきました。

72850_2014-07-14_00159.jpg
これからグレイビアードの方々に挨拶しないといけません。
しかし、召喚されてから大分日にちが経っています。
怒られないか心配ですが何とか許してもらうしか無いですね。

72850_2014-07-14_00161.jpg
意を決して中に入るRuna
「遅くなってすみませ~ん!」

謝りながら中に入りましたが

「遅いわぁ!ばかもーんっっ!!!!」


「貴様のような奴は教育してくれるぅ!!」

「(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!」


72850_2014-07-14_00175.jpg
問答無用で裸にされ拘束具を着けられてしまったRuna
グレイビアードの爺さん達の慰み者になって生きていくことになりましたとさ。


72850_2014-07-14_00162.jpg
「晒してくれるわぁ!」

「フゴ、フゴ・・・・・(外して)」
ボールギャグを着けられ喋れないRuna
「なんじゃぁ~これじゃ満足できないだとぉ?」


72850_2014-07-14_00166.jpg
「フゴ、フゴ・・・・・(助けて)」
「何とっ!まだ足りんと申すか・・・この淫乱売女めぇ!」

72850_2014-07-14_00171.jpg
「ふん、ふん、これでどうじゃ!この売女!」
爺さん達に犯されるRuna
「ああ・・・・いい・・・・」

「おいおい、犯されているのに喜んでいるぞい。」
「おっ、とんだ雌豚じゃぁ。突っ込まれるとよだれを垂らしてよがっているぞい。」

・・・・・

・・・・

・・・

・・



72850_2014-07-14_00172.jpg
「あぁぁ・・・あ・あっ・・・あひぃ、もっと・・・・下さい。」

「とんだ淫乱売女じゃ。この女は。・・・・しっかし、最近はガバガバになってきたのう」
「ああ、使いすぎてケツ穴も広がっているしな」
「そりゃあ、お前さんがケツ穴ばっかり入れるからじゃ」
「フヒヒ」

「もっと・・・・もっと・・・・下さい・・・」

「仕様で4Pが出来んのは残念じゃわい」
「ドラウグルやファルマーは4Pも出来るのじゃがな」

・・・・

・・・

・・



72850_2014-07-14_00173.jpg
「おらぁっ!もっと締まりをよくせんかぁっ!」

「すみ・・・ません・・・・・あんっ・・・あんっ・・・」

「しっかしなぁ・・・ちと、頑張りすぎて孕ませてしまったようじゃな。」
「そうじゃ!この雌豚は孕み便女として飼ってやるか。」
「それはいいな!いいおもちゃが出来たわい」

72850_2014-07-14_00167.jpg
「孕み便女に椅子をプレゼントじゃ。ありがたく受けっとってくれ」


72850_2014-07-14_00174.jpg
72850_2014-07-14_00176.jpg
「出産も近そうじゃの。今度は誰の子種で孕むか楽しみだのう。」
「ヒャッハー。もちろんわしの子種に決まっておろう。」
「いやいや。わしじゃよ。」

ワイワイガヤガヤ

グレイビアードの爺さん達に孕み便女として生きていくことになったRuna

「そうじゃ!今度、巡礼者が来たら相手をさせてやるかのう」
「たまにはいいかもしれんな。」
「グッドアイデア!」

遅刻すると大変な目に会います。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tdyk542.blog.fc2.com/tb.php/306-a90c4c7c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。